« Ko's room | メイン | アンマーとえひめこどもの城 »

2007年05月31日

サンチェス

病気の鳩と 今朝生まれた鳩のヒナの話

まずは昨年の10月中旬頃

ベランダに1羽のまだ若い鳩がやってきて 追い払おうとしたら なんか様子が・・・
座り込んでて 近づくと立ち上がって逃げようとするんですけど
頭は地面についたまま 歩く方向は頭とも体ともちがう斜めの方向に

飛べない歩けない鳩

んで よくみると口からはヨダレ(?)更に緑の水便

病気っぽい

なので調べてみると下記↓っぽい


  サルモネラ症
   サルモネラは、ヒナや若鳩に多大な損害を与える。若鳩はまだ十分な量の抗体を持っていない。
   殆どの鳩はサルモネラ菌を保有、また感染していると思われる。
   ただし、健康な状態では症状を全く出さない。鳩が、ストレスにさらされたときこの病気の症状が現れる。
   治療 をしてもサルモネラ菌を全く無くす事は難しい。

   症状
   エサを拒み、多飲、水便、羽が逆立ち、痩せる。首が曲がり短期間で死亡することもある。
   腸管・・・・・粘液、緑便、血便
   間接・・・・・翼や脚の麻痺
   脳・・・・・・・平衡感覚の喪失、首の反転


まいったなぁ ってのが本音  でもどうすることもできないんで
このこはこういう運命で んでそのこが僕んちのベランダに来た そういうことかと

せめて最後をしっかりみとって埋葬してあげようと思い 
その日まで出来る事はと思って サンチェスという名前をつけ とりあえず水とエサをあげてみた。
水は飲めてるみたいなんで新しいのに交換しながら それを4日間 
結果 エサも少しは減ってってるような気はするんだけど やっぱ症状は変わってない
でもただ 毎朝早朝に飛び立とうとバタバタと羽ばたく羽音が聞こえてる状況。

んでそれが変わったのが5日目の朝 
その日の早朝はいつもより長く でも相変わらず弱々しい羽音が聞こえてて

びっくりしたのは朝日が昇ってから   開けっ放しの窓から入って来て
その鳩が部屋の中の床に立ってたんです

ちょー感動。 

でも鳩を飼うつもりはなかたんでゆっくり追い出して
んでその後 無事に飛び立っていっちゃいました。
でも 飛び立ってそのまま落ちて行くんじゃないかと思い 飛び立った瞬間
ベランダから身を乗り出して見たけど問題なし。 

生き物はすごい。

その鳩がこのサンチェス 
Pigeon_002.jpg

んでこの5月

そのサンチェスだったらすてきなんですけど またまた家のベランダに鳩がきて
18日前に卵を産んで 温め続けてた卵から 今朝 2羽のヒナが 無事に誕生しました。

以下 お母ちゃんと卵 そして生まれたてのヒナ 

温めてるとこ
pigeon_007.jpg


お母ちゃんが留守の間に
pigeon_008.jpg


孵化したばかり
Pigeon_004.jpg


やっぱ兄弟だからなのか まだ目も開いてないのに
お互いクチバシを合わせあったり
Pigeon_008_1.jpg


お母ちゃんは邪魔な殻を捨てにいったり
Pigeon_010.jpg


実際はこんなに小さい
Pigeon_018.jpg


少し目が開いて来た
Pigeon_009.jpg


いやぁ 生き物すごい 

この方に負けず劣らず僕もこんな気分


じけい : [hygge]

コメント

踊りだしたい気分・・・やね☆
サンチェスは運がいい!
生き物の生命力ってすごいね。
ベランダが鳩のたまり場になったりして~w

街の鳩は菌を沢山持ってるんで 空飛ぶネズミとかいわれてるけど

同じ生き物やし 生きようとしてるし 新しい生命の誕生は感動やし

みんなそんなに嫌ってあげんとってって感じです。

たまり場は遠慮したいけど^^;

うちんくの戸袋も鳥の巣になってます。先日3.4羽が巣立っていきました。

毎年来るんだけど、今までは、巣を作る気配を感じると戸袋に入ってこないようにふたをしてたけど、今回は放置。

おかげさまで、毎朝6時には起きられるようになりましたよ。
ものすげーうるさいし。

やっぱり次はふたをしたいと思ったのでした。

それがあったか^^;

ボクは初体験なんで無事に巣立ってくれればよし!

餌やりとかはまだみたいで 相変わらずお母ちゃんの腹の下。

人も鳥も女性はエライ・・・。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)