« 56:colors#03は29日! | メイン | 56:インテリア・雑貨のtonton »

2007年12月27日

Jikei:jikei と 56

久しぶりです。

気がつけば、2ヶ月半以上ぶり。しかも年末。


随分さぼってしまいました。


あまりに久しぶりなんで 10月からの出来事をサクサクっとふりかえりつつ
なにやってたかを報告していきたいと思います。

まずは タイトル。  
ブログ開設当初からなんですけど、どうも見てくださってる方に迷惑をかけてるみたいで・・・。

改めていうと、ブログに限らずこのホームページのなかには二人の人物が存在してます。

ボク "Jikei" と 相方の "56"。(56は"ごじゅうろく"だったり"ごろー"だったり)

なのでこのブログも二人それぞれの
書き込みがあります。

それがどっちの書き込みかがわかりにくくて紛らわしい部分があったみたいなんで

改めての説明と、これからはタイトルもしくは末尾に名前を入れるかなんかで

やっていこーと思います。


んで振り返ることの10月。 まずはアタマにhyggeで徳島にブイブイに行ってました。

FLYという箱でおこなわれたBUMPの7周年イベント。

PA080987.gif

こんな感じだったんすけど、メインのフロアーに加え 下階の2フロアーにわたっての

1スクリーン&5モニターで投影。

地元 高知とはまた違うお客さんの盛り上がりかたでなんか楽しめました。

主催者側のかたがせっかくホテルを手配してくださってたんですけど

翌日に朝一から仕事があるため、泣く泣くお断りをしての帰高。

帰りの運転がキツかったぁ。

途中・・・何カ所か道路の記憶がないんで、きっと・・・・・・・・。


んでそん次は 本業で 美容界のカリスマおじさん シュウウエムラさんの撮影。

UTOCOでのインタビュー風景とポートレイト。


打ち合わせ時にコピーライターのかたと話してて 「やっぱテーマはチョイ悪ぅ?」(笑

ってことで当日はコピーライター自らLEON持ち込みで こっち二人は完璧なイメトレを

行っての臨戦態勢! 

っがそこはやっぱり世界のシュウ。 今尚、夢を語る時は少年のように瞳を輝かせ、

こちらの荒い鼻息は深く包みこんだうえで 常に ピュアでクリーンなオーラを発する

穏やかな自然体人。  

なんか、人としての次元が違いました・・・。

んでんで次は 事務所。

前回の大掃除に続いては いよいよ大工仕事。

改装にあたって 最初に大工のトモヤさんにお願いした事が この建物の今のこのボロい感じを

のこして欲しい。 

手が入り 新しい物が加わる事で建物がもってる雰囲気を壊して欲しくないって事でした。


ただ、この想いのおかげで随分とトモヤさんにムリを言って迷惑をかけたし

後々には自分自身も苦しんだんですけど。


まずは2F事務所部の建具。サイズも小さいんで 建具屋さんではなくトモヤさんに
制作を依頼。  

開き出し(?)の形状なので蝶番かなにかの金物を使う必要があったんですけど、

どうも金物が見えるのが嫌だったんで、さっそくムリを言って7カ所の窓枠全てに

ほぞを掘ってもらう事で 仕口を木のみでの構成。

おかげで木と木が擦れる音が心地いいし、窓の開閉が同軸で行われるディティールが ・・美しい(笑


白木の感じも浮いてて嫌だったんで 塗るではなく 木目の痩せた感じがほしくて

焼きをチョイス。

まずは白木。

PA020955.gif


これをバーナーで炙る。

PA020960.gif


そのままだと ただの燃えた木なんで

PA020964.gif


亀の子タワシでこする。

PA020968.gif


すると木目が浮き出て 角もとれていい感じの艶もでる。

PA020972.gif

古い建物なんで 材のサイズもバラバラなら 建物自体の構造的な歪みもかなり。。。

1カ所1カ所 採寸を行って 丁寧にやってくれてるトモヤさん

IMG_5680.gif


取り付けられた状態の建具枠。 いい感じッス。

IMG_5683.gif

この後はガラス細工のタケシくんに手伝ってもらったりして 建具にガラスをはめていくんすけど

それは次回。

これで"焼く"を覚えて楽しくなったんで  その辺にあった廃材で造られた普通の棚も

PA020978.gif


焼いちゃいました。

いい感じ。


Jikei:{hygge}

コメント

へー!!焼いて亀の子たわししたら
こんなにステキングになるがやね!
メモっちょく♪自分の住まいをかまえる時
活かそうっと☆

いい感じっしょ。

これからも、お金をかけずにいい感じに

していく工夫をちょいちょい載せてくんで

楽しみにしててちょ。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)