« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月29日

Jikei:fcaに閏年

fcaの紹介と56のベイビーの話です。


fca.gif

fca(エフカ)。blanc(ワンピにドレス)、CAKE(フードでバー)、Si-rutu(音遊びもあるバー)、

HANA(ネイルにメイク)、laPrimavorta(イタリアーノのご飯やさん)の

5店舗共通で使うスタンプカード。 

マンタンになると2000円のお買い物券に化けます。

「エフカありますか?」っていいましょー。


ウルウドシ。4年に1回 366日の年。

2月29日がそのスペシャルな日なんですけど

そんな本日2月の29日。相方56に2番目の可愛いベイビーが誕生しました!

閏年生まれ。スゲー。

「さあ、病院に帰ろー」ってニコニコの56。


ハートのオーラをまき散らしながら帰ってった^^。

2008年02月28日

Jikei:らしい

チャンスって平等らしい。

いつきてもいいように準備してる人 だけがモノにしてるんで

いいね。とか 恵まれてるね。ってなるらしい。


例えばカメラマンならカメラを持ち歩くとか。

hyggesky.gif


こんなにおもろい雲の下で 僕が持ってたのは携帯のみ。

あちゃー。

2008年02月27日

56:どうでもいいかもしれませんが

けっこう降った昨日の雨,

hygge事務所は雨漏りもなく、

なんとかしのげました。

Jikei:オザキマサナオ

知事です。

現在の高知県知事。

いろいろ縁があって、まだ "尾﨑正直候補者" の時にhyggeが仕事として関わらせもらいました。


選挙に関わらせてもらうのは大石宗さんに続き2回目だったんすけど
今回は更にぐっと深い関わり方をさせてもらって
なんか選挙の厳しさを肌で感じちゃいました。


このケースはいろいろ事情がある中で声をかけてもらって
デザインもhyggeが携わったものと別の業者さんが制作したものとが混在してて
結果、途中から引き継ぎで関わらせてもらった事になります。

僕ら的にはありがたいかたちで声をかけてもらったんすけど。
端から見ればただの横取り?


具体的には、選挙事務所の内装のデザイン及び施工と告示後に配布するビラのデザイン
それらに伴う写真撮影。

選挙事務所は、看板以外の部分。告示前のチラシは写真のみ。
告示後のビラは写真・デザイン全て。
それと決起集会時に流した映像を担当させてもらいました。


あくまで僕個人的な意見ですけど、選挙は投票という接点はあってもなんか身近ではなくて
選挙事務所、選挙ポスター、チラシやビラ 申し訳ないけど どれも全部同じにみえて
そこから候補者の個性や想いは伝わりにくい。 そんな印象。
公職選挙法のなんやら難しい法律で選挙の公平、秩序を保つ為に結果そうなってるみたいっすけど。


でもそんなかでもなーんかできるやろってことで
候補者や支援者の熱い想いに呑み込まれそうになりがちななか
できるだけ僕ら一般人の目線で できるだけ身近なものになればいいな
という思いで 生意気にも精一杯吠えながらとりくまさせてもらった。


やりおえてみて、まあとにかくhyggeは選挙のことがなんもわかってないなってことが
わかりました・・・・。


56デザイン 選挙事務所内部にディスプレイ
写真じゃわかりにくいけど、「正」と「直」の左側にそれぞれの文字の意味をかいている。
知事にも好評で選挙後引き取ってくれてた。
hygge56.gif

いろんな思い込めてつくったやつ。看板屋さんが夜な夜なとりつけ。
写真と格子状に『県民の声』がかいてて
外部に使用したパネルは 現在大石宗事務所にディスプレイされてる。
hyggeJikei.gif

くどいですけど、看板は違います。
選挙法の厚い壁で中身が見えないように処理された外観。
hygge.gif


民主党 高知県議会議員 大石宗:大石宗公式HP
                ブログ

高知県知事 尾﨑正直:高知県知事公式HP

2008年02月25日

Jikei:MOPと事務所改装

昨年末の話。

最近なにかと縁のある徳島で行われたイベント

MOP presents
AZIMUTH MAGNET

これに hygge代表として久しぶりにピンでVJに行ってきました。

普段は一つのイベントに一組のVjが多いんすけど

今回はフロム大阪のSIMPO君と一緒にプレイ。


最初は二人で同時にやってSIMPO君がスイッチャー。

んでその後はDJ別にそれぞれが一人で・・・・だったんすけど

なぜかソン時の僕は38度8分の熱をもってて、解熱剤と栄養ドリンクを

飲みまくったが、それも途中までしか持たず・・・。

熱気ムンムンのフロアーの中で、異様な寒気と薬の過剰摂取で途中からは

使い物にならない廃人に。


結局、後半は朝まで全てをSIMPOくんに。 あん時はすんませんSIMPOくん。

MOPのアンくんにも「なんか今日はプレイの印象薄かったッスね」って・・・。

せっかく呼んでもらったのに、ホントにすんません。


体調管理の重要さを感じつつ、次は事務所改装。

前回の話に出た窓枠。それにハメ込むガラスの話。

手をくわえてるのを感じさせないがコンセプトだったんで

ガラスも中古品をチョイス。 知り合いから使わなくなったガラスをもらってきて

それをミスターステンドグラスのタケシくん指導の下 

自分たちで窓枠採寸 → ガラスカット → ハメ込みをやっちゃいました。
(ほとんどタケシくんにやてもらったけど・・)

古いガラスなんで拭いてものかないわけのわかんないシミがあったりするんすけど

多少のユラメキがあって、シミもモンモンもそれはそれでいい感じ。


でもそのまえに面戸板のところがスキスキ。

面戸板は、屋根を構成する垂木と壁の間に出来る隙間を埋める板なんすけど

この建物はもともと納屋だったんでそこがスキスキ。

そのままだと隙間風も入ってくるし、夏になると虫の進入口にもなるんでふさぐ必要が。

ただ、以外にその隙間から差し込む光が綺麗だし、採光にもいいんでなんとか光は残したい。

ってことでその隙間を透明のアクリルボードでふさぐことに。

これまた当然それようのアクリルが売ってるわけでもないんでカット。


アクリル結構高いんで、ネットで最安をサブロク板でまとめて購入をして それをひたすらカット。

サイズは約30センチ×6センチ。箇所数にして約120箇所。

各箇所サイズが微妙に違うんで全てを計測した後、それをひたすらタケシくんがカット。
僕はコーキング用のマスキングをひたすら貼り、トモヤさんが外部足場の上からひたすら張り付け。

なんか古民家は忍耐・・・・。

とはいっても、それもなんか楽しいし出来上がってしまうといい感じやけど。


今回は更に更にで2F事務所部分の床の話。

築年数が古けりゃ多少の歪みもできるし、この家の場合は南海地震をも経験し

結構 満身創痍で 実際建物もかなり傾いてるし床もグニャグニャ。

でも新しく張り替えるんで当然フラットにしたい。

普通に根太を張ってその上に普通に床を張ると話も仕事も早いんですけど、

この建物はやっぱりそうはいきません。

昔の建物なんで階高(天井)が低いんすけど、納屋の2階ということもあって更に
低い造り。

背の高い人だと梁にゴッツンゴッツンなんで 出来るだけフロアーラインを低くしたい。

ここでも大工のトモヤさんに無理をいって出来るだけ低く しかも水平にしてもらっちゃいました。

方法は、床面の両端で水平をだしたらその間の邪魔なものは除けて、つまり削って

逆に足りないものは埋めて。 まあ当たり前っちゃあ当たり前だけど、単純に埋めてっていっても

床材との隙間が5ミリのところもあれば、最大で6センチのところもあって 

その都度それに必要な、時には三角の根太もつくってもらい 時には下地材に

それぞれ深さの違う切り込みをいれてもらい なんとかなぁ〜んとか最低高のフラットな床をゲット。

それでも、相方56は頭ゴッツンゴッツン。 僕は結構快適にスルー・・・・・・。


今回はここまで。 以下は写真達。ちなみにMOPの写真はありません。・・・ムリでした。


これが梁と垂木の隙間。野地板に写る光がいい感じなんで
隙間をアクリルで埋めることに。
hygge2252.gif


現在アクリルカットのうえマスキング中
hygge2251.gif


ガラスをカットするタケシくん
hygge2253.gif


床材たち。
hygge2254.gif


フラットなはずの元床は 手前ははぎ取る必要があり
奥は根太を足す必要が・・・・。
hygge2255.gif


info: ステンドグラスタケシくん

    AZIMUTH MAGNETGrassWaxxRecordings

    SIMPOくん 以下 "MOP" より
          SIMPO ( FLOWER OF LIFE / OUTPUT )
          FLOWER OF LIFE (大阪)や OUTPUT (京都)などの
          Real Underground Partyで生み出されるVisionは、
          DJがロックしたフロアに夜通しXXXXくりかえす
          LOVEモーション!!!!!!!!!
          NUTRONのVISUAL MOVIEを作ったり  
          http://www.nuexpe.com/movie/         
          最近は、山本精一さん率いるPARAのライヴ映像も担当しています。

2008年02月23日

hygge:華麗なるチケットあります。

華麗なる週末Vol.22のチケットを取り扱うことになりました。
ノルマです!・・・というのは冗談ですが、
興味のある方・来てくれる方(買ってくれる方)、
info@hygge.in
にご連絡くださーい。
あんまり遠いと無理ですけど、手渡しに行きます。
なかなかいないとは思いますが、
お時間ある方は事務所に来てもらってもかまいませんよー。

イベント詳細は前回(この下)のエントリーを見てください。

よろしくお願いしマース。

2008年02月10日

hygge:華麗なる週末はゲストスゴスギだ!

今年もやってまいりましたこのイベント。
去年に引き続きすばらしいゲストを迎えます。

以下詳細です。


poster.jpg

いまや高知のクラブではちょっとした老舗イベントになってきた『華麗なる週末』が、この春、すごいゲストとともに、華麗なる夜を呼ぶ!

華麗なる週末vol.22『ゲストスゴスギ2』
in 土佐のおきゃく

2008年3月8日
土曜日21:00START」
@ B.B.CAFE&HALL
Information 088・823・2277

前売り/3,500円
当日/4,000円

●Guest
akiko 小西康陽 須永辰緒 

●Worm up DJ's
Sagosoul Seigo Yoshiichi

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゲスト紹介(五十音順)

■akiko [Live]
16歳より、ロンドンナイトに通い始める。パンクから、時代を遡るように音楽を聴き始め、18歳の時、ジャズに出会う。2001年、ユニバーサルジャズと契約。名門レーベル"ヴァーヴ"初の日本人女性シンガーとして、ライブ盤、ベスト盤含め、10枚のアルバムをリリース。過去作品ではDJ須永辰緒氏をプロデューサーに迎え、ジャズ・ボーカルの新機軸を確立。その後、2005年にはプロデューサーに小西康陽氏を迎え、akikoのルーツでもあり、小西氏とakikoの接点ともなる「JIVE」をキーワードに新たなる一面を披露している。2006年に初のベスト盤「コラージュ」を、2007年には全行程ブラジルレコーディングで注目のアルバム「ヴィーダ」をリリース。2007年初冬、再び小西氏をプロデューサーに迎え、念願だったクリスマスアルバム「a white album」を11枚目のアルバムとしてリリース。
http://www.nwp.co.jp/akiko/index.html
(視聴:http://www.universal-music.co.jp/jazz/j_jazz/akiko/

■小西康陽 KONISHI yasuharu [Dj]
作曲家。DJ。1985年、ピチカート・ファイヴのメンバーとしてデビュー。国内外で活動するも2001年解散。作編曲家、DJ、アート・ディレクションなど多くの作品を手がける。2006年より新レーベル「columbia*readymade」のプロデューサーとして活動する。3月に朝日新聞社より10年ぶりの単行本「ぼくは散歩と雑学が好きだった」を出版する予定。
http://www.columbia-readymade.com
http://www.readymade.co.jp/journal


■須永辰緒 Tatsuo Sunaga [Sunaga t experience]
DJとして東京、大阪でレギュラー・パーティーを主宰し、また日本全国から海外まで飛び回る超多忙な日々を送る。MIX CDシリーズ「World Standard」は6作を数え、ライフ・ワークとも言うべきジャズ・コンピレーションアルバム「須永辰緒の夜ジャズ」は、レコード会社8社から計16作のリリースを予定。国内はもちろん“SCHEMA”や“IRMA”などの海外レーベルのコンパイルCDも多数監修する。 自身のソロ・ユニット“Sunaga t experience”として、アルバム3作を発表。 最新作は「A letter from allnighters」(2006年 flower records)。多種コンピレーションの監修やアルバム・プロデュース、リミックス作品は延べ60作以上。 “レコード番長”の冠を頂くシーン最重要人物。
http://sunaga-t.com

2008年02月02日

hygge:勝手に紹介します。


先輩のブログですが、

これを読み始めたら仕事になりません。

訴えてやります。

『ハレマニア』
http://ameblo.jp/hareru/

ご賞味ください。