« Jikei:キャトルでGo | メイン | 56:天気良好!今日は竹林寺音楽祭。 »

2008年05月02日

56:『何でもないけど何かある写真』とhyggeなアイデア。

外国ってなんか、
それだけでセンスを感じるものってたくさんあるよね。

フランス写真

なんでもないベビーカーのスナップショットだけど、
(赤ちゃんのかわいさは置いといて)
ニットのストール?の編み方とか石畳の模様とか、
そのままこっちにもってきても似合わなそうなセンスがある。


フランス写真.jpg

窓ガラス。
歴史を感じるけど、これも日本に持ってきても、
洋風なお店なんかにないと似合わない。
そもそもこんなガラスばっかりはめたら
閉鎖的になってしゃーないですが。


逆に日本にだって、
外国から見たら「センスよすぎ!」なんてものがたくさんあるに違いない。
例えば浮世絵なんかは、フランスかどっかで印象派に大きな影響を与えたとか。
ゴッホも好きだったみたいだし。


というわけで、
トイレがちょっと離れたところにあったりする
日本家屋の不便さを幸せに思いながら、
日本のいいところを探そうときょろきょろしていましたら、
発見しました。

それがこれ。

壁紙

この写真は、事務所の壁です。
ぼろぼろですがれっきとした漆喰で味があっ最高なんです。
しかもこれ、ディスプレイの後ろの壁を撮ったもの。

これをデスクトップの壁紙に設定するとこんな感じ。


デスクトップ
(携帯なのできたないのはカンニン)


これがかなりいい。
ディスプレイのむこう側が見えてるみたいっしょ。
きちんとスケーリングしてあるから、
柱の割れ目や漆喰の中の藁(ワラ)なんかも同じ位置にあります。


えー、このアイデア、「1ヒュゲ」で売ります。

皆さんもパソコンのむこう側の壁や風景を
デスクトップの壁紙にしてみてはいかがでしょうか。

重々しいディスプレイが部屋になじんで
ちょっとhygge〜になるはずです。