« 56:mowとhyggeの写真、ちょいちょいアップ | メイン | Jikei:happybirthday mowちゃん。 »

2009年11月05日

Jikei:工事

始まっちゃいました第2弾。


hygge事務所の周りは田園風景。

事務所の隣も畑や田んぼ。

その隣の畑に面して小川が流れてます。

目的は、水田用の用水路。


昔ながらの情景で、植物が生い茂り、水藻が生え
そこには様々な生き物がいます。


ある時は、そこを飛び出た亀が畑に迷いこんでた。
そこに群れをなすメダカをみて、近所の子供は喜んでた。
夏には、いろんな音色でカエルの鳴き声が聞こえてます。
それを狙ってる、白鷺や青鷺などの水鳥の姿も良くみます。
それから一生懸命にげてる土壌の姿も可愛かった。
モツゴなどの小魚もいて、餌にしているナマズの姿もよく見た。
夜、近くを通ると驚いて逃げるナマズの水音を良く聞いた。
同じくそれら川魚を食すイタチの姿もあった。
土手には、様々な花が咲き、それによって季節を感じたりしてた。


その風景が好きやった。


この近隣でもあまりのこっていない風景。


それがなくなっちゃいます。


綺麗で頑丈なコンクリートのU字溝にかわるそーです。

hygge-kohji.jpg
これが

hygge-kohji-2.jpg
こーなってます。

hygge-kohji-3.jpg
この川底も

hygge-kohji-4.jpg
この花も水藻もなくなっちゃいます。


市役所の担当や工事関係者の方達に、現地で経緯、目的、利点等の説明を聞きました。

何が正しいかはわかんないっすけど、まったく持って僕には理解できないっす。

言いたいことも言ったけど、僕にナンの力もないっす。

近自然工法が難しいなら、流れを変える為に少し淀みを造るだけでもいいんです。
泥がたまるように、底を少し凸凹にするだけでもいいんです。

"田やく" や "みちつくり" の継続継承が難しいなら、何百何千万の工事をせずに、
その予算で管理する仕組みをつくればいいじゃないですか。
年に数回のこと。年間何十万の予算ですみます。


誰が守ってくれるんやろ。


僕らの出来ることが、現状どこまで響くんやろ。


選挙? 署名? 買収? 贈賄?




悲しいっす。