« hygge:旅行初日・2日目 | メイン | Jikei:ビッグアメリカ »

2010年01月07日

hygge:旅行3日目

ビンタン島滞在最終日。


この日も、午前中からプールで泳いで
海で泳いで、バスでパッサオレオレに。


バスの運転手が、ボクらが乗るなりどこかに電話。
んで、到着するといきなり ご飯屋さんにつれていかれ ここが美味しいから
ここで、昼飯を食べろって。


やられました。 さっそく現地のダフ屋システムの餌食に(笑。


ビンタン島は小さな島で、そんなに仕事もないらしく 観光業に携わっている人も多い。
観光業もハイシーズンとオフシーズンがあるんでオフシーズンには、現地に顔が利く人は 
そういうふうに 直接お客さんと交渉して 案内して お店から直接バックをもらう。
そんな人がいたるところに(笑。


流暢な日本語で「社長さーん」とかって言ってくる人達(笑。


ご飯をたべて、そういうダフ屋さん(見た目はガラ悪い)とこに行って
マングローブの森ツアーの直接交渉。んで無事ツアーにも行ってきた。
ホテルで頼むよりも全然安いんで ラッキー。


ただ、他のツアーの勧誘とかもしつこくしてくるけど(笑。


日本人は、財布の紐もゆるくていいお客さんみたい。
ビンタン島のリゾートエリアはそんな広くないし ほかの日本人もあまりいなかったみたいで
ボクらと顔を合わせる機会が多くて、しょっちゅうボクらと話をしてた。
したら、なんかだんだん仲良くなって一緒に座り込んで、「ヒマそーやねー」つって世間話をするように。


リゾートエリアをぬけて ローカルエリアにある現地の町並みをみにいかんか ってツアーが気になって またまた交渉。


その人達のなかで、いちばん目つきが鋭くて怪しい ビンタン島人のナノってひとにお願いする事に。

んで、ナノ運転でローカルエリアまでのドライブスタート。
出発時に、いきなりゲートの管理スタッフに 笑いながら中指立てて出発した時は
おいおい コイツ大丈夫かー と思ったけど 話してみると 
日本語も流暢で、歳も近くてなんか仲良くなった。


リゾートエリアとローカルエリアを仕切ってるゲートでは
「社長ねー」「パパねー」の一言で チェック無しで通り抜けたり
都中、ガソリンを入れるって立ち寄ったところでは、ポリタンクとジョウゴで給油したり
ボクらが「ビールを買いたい」 って言ったら おごってくれたり
綺麗なローカルビーチがあるからって、たちよってくれたり
ローカルの繁華街では、一緒に街を歩いてくれたり
車中ではバカな話ばかりの かなりいい感じのナノツアー。

ドライブの帰り、ナノが自分の家族を紹介するって、ローカルエリアにあるナノが住んでる家に連れてってくれた。

ナノん家は、大家族でナノが長男。敷地の真ん中にデカイ1本の木があって、その木の廻りに家やベンチがある。

電気は通ってなくて、唯一の灯りはロウソク。
虫とかもチョー多かった。


ナノが家族を紹介してくれたけど、みんなチョー明るい。終始笑顔。


ただ、やっぱ日本だとありえない環境で ぼくら3人はなんか、少しカルチャーショックで、
そっからの車のなかは、それまでみたいにバカな話はできず 無口になってた。


ナノが「大丈夫? 疲れたねー?」とかって気遣ってくれたりしながら
夕暮れ道を シンガポール行きのフェリー乗り場まで送ってもらってた。


そしたら、ナノが「はい 私 仕事頑張ります。ホテルの仕事も頑張ります。」
んで英語で「 i want make money. i want make house for my PaPa and MaMa」
     「 i promise him and her 」 って。

完璧じゃない英語やけど ボクらにもその内容はわかって ボクらはヤバかった。

でも、ナノはそれまで同様に明るくて、街灯もガードレールもないクネクネ道を
過度のクラクションとパッシングで100km/h超、笑顔の爆走。


その姿に ”生きてる” 感じプンプんで、エネルギーの強さにやられた。


フェリーターミナルについて ナノに頼んで一緒に写真撮ってもらって
そこでナノと別れて、3日目最終目的 hygge in シンガポールっす。


以下:写真。

204-hyggetrip.jpg
朝起きたら、ドシャブリやった。

205-hyggetrip.jpg
朝食。

206-hyggetrip.jpg
こんな感じの、ビッフェ。

209-hyggetrip.jpg
プール。奥に見えてる建物が泊まってる部屋。

210-hyggetrip.jpg
小心者はスベル ってこと?

207-hyggetrip.jpg
ビーチのすぐ側には、こんな森が。

208-hyggetrip.jpg

201-hyggetrip.jpg
バスで、パッサオレオレに。

202-hyggetrip.jpg
バス。外はきれいにペイントされてるけど、中はボロい。

203-hyggetrip.jpg
パッサオレオレ到着。

211-hyggetrip.jpg
昼ご飯は、ビンタンリゾートで働く地元の人向けの食堂で。

213-hyggetrip.jpg
並べられた大皿の料理から、好きなものをチョイス型式。

212-hyggetrip.jpg
ボクが食べたヤツ。なにげに全部むっちゃ辛い。

214-hyggetrip.jpg
店主曰く、精力がつくからおすすめや ていう赤いヤツ。なんかの骨をパリッと揚げた感じ。
うなぎの骨みたいな味やった。

219-hyggetrip.jpg
マングローブの森ツアーに出発。写真の建物が乗船場。

218-hyggetrip.jpg
途中の景色。

216-hyggetrip.jpg
マングローブの森ん中。

217-hyggetrip.jpg
季節がよければ、マングローブガニにサル、リスなんかの動物がいっぱい見えるみたい。
ボクらがみたのは、木の上で寝るっていう毒ヘビだけ。

221-hyggetrip.jpg
ナノドライブスタート。ナノは曲のチョイスがいい感じやった。

220-hyggetrip.jpg
ポリタンク給油のガソスタ。

223-hyggetrip.jpg
ローカルビーチ。

222-hyggetrip.jpg
奥のカフェでは、ローカルの女の人たちがココナッツにストローさして飲んでた。

224-hyggetrip.jpg
ビンタン島では、車は高価らしくてみんなバイク。ホンダのカブ。メーター160km/hまであるけど。

225-hyggetrip.jpg
途中、道路を横切る亀をみたナノが、捕まえて車ん中で放し飼い。

226-hyggetrip.jpg
現地の街に到着。

227-hyggetrip.jpg
228-hyggetrip.jpg
229-hyggetrip.jpg
230-hyggetrip.jpg
231-hyggetrip.jpg

232-hyggetrip.jpg
車おりて 街歩いて スーパーでビールとツマミ購入。
支払いん時 おつりの細かいお金 硬貨のかわりになぜかあめ玉くれた。

233-hyggetrip.jpg
街は 一応ちゃんとしたガソスタもある。

234-hyggetrip.jpg
フェリー乗り場に向かって帰りだす。

235-hyggetrip.jpg
車ん中では、みんなさっき買ったビールで乾杯。

236-hyggetrip.jpg
途中 たちよってくれたナノん家。

237-hyggetrip.jpg
右側がナノ。左側はナノの子分のスマトラ人。

238-hyggetrip.jpg
シンガポール行きのフェリーの中で仲良くなった、シンガポール在住の日本人親子達。

239-hyggetrip.jpg
無事にシンガポールに着いて、Tokumaruさん達とシンガポール滞在時の日程の打合せをして
ボクら3人は乾杯をして就寝。

4日目からは、シンガポールっす。