« 写真 | メイン | 雑談 »

2011年10月14日

wada:ハードルを高く!

クラブイベントのフライヤーデザインを始めたきっかけが
この『華麗なる週末 Vol.7』



kareinaru7_f1.jpg

2004年、この頃はまだまだデザインとか知らなかったし、
GKEとは出会っていたけど、まだhyggeは始まってなかった気がする。
ほんと右も左も分からないあんぽんたんだった。
でも、これが僕の原点でもあり、イベントに関わりはじめたきっかけでもあり、
このお陰で今があるといっても言い過ぎじゃないと思う。
(華麗なる週末・Dj Yoshiichiに感謝!ちなみに華麗なる週末は現在も続いている)

kareinaru08_01.gif
(このフライヤーがいろんな人の目にとまって、話をいただくようになった)

なっつかしー。

あれからいろんなイベントに関わらせてもらって、
ほんと沢山の人と知り合うことが出来た。
振り返れば感謝してもしきれないから、
その気持ちを胸に常に最高の作品を目ざしてやってきた。



そして、最高の作品と言えば、
Musiq Loversの冊子型フライヤー。



次回12月末開催ですが、
今回も皆さんを驚かせるべく既に動いております。
そして本日から撮影開始!



さーて、みなさん!
どんどんいきますよーー!

2008年09月07日

JIke:華麗なるスパズム

久しぶりに僕と相方。オッサン二人でハシゴ。


SPAZM華麗なる週末

この日は他にも多数のイベントがあったんすけど、そんなにムリムリ。

ってことでデザインさせてもらったこの二つに。


SPAZM。場所はONE LOVEで 更に音響持ち込みって事らしいんで期待大で会場に。

エントランス広めで、ドアくぐってからのアプローチもあって中も広い。

いい感じ。ONE LOVE。歴史つくって欲しい。


音。できればもっと低音攻めてきて欲しかったけど、事情有りやったんやろか。

なんか、客層若かった。後で聞くとこの日はTotalでここが一番お客さん入ったらしい。


華麗なる。ここはいつも通り客層広い。基本的にみんな笑顔で踊ってて楽しそうやし。

初めて聞いたソンスパ。声可愛い。上手いし。  

もうちょいメロディに変化があるやつも聞いてみたいと思った。

いやぁ、しかしSagosoul。ライブ中、喋りすぎですよー!


2008年08月11日

56:夏の終わりに華麗なるライブ

春の「ゲストスゴスギ」から早くも5ヶ月。
そろそろかなと思っていたら、やってきました「華麗なる週末」。
日曜には、今回の後援でもあるFM高知でラジオ番組も始まって、
いま(やっと)旬を迎えつつあるイベントかもしれません。
番組は、無理してでも絶対一回聞いてみるべきですよ。

今回は、原点回帰のようなイベントになりそう。
高知で、もっともオーバーグラウンドに近いクラブイベントじゃないでしょうか。
こういうイベントに行ったことのない方でも、さらっと行って楽しめるはずです。


以下詳細です。


kareinaru23.jpg


華麗なる週末 vol.23


日時/2008年8月30日・土曜日 21:00 START[Live 23:30-]
入場料/1,500円(1drink)
後援/FM高知@ Si-rutu


今回ゲストに迎えるのは、地元高知の華麗なるバンド、
1stミニアルバム「Feel Like...」が好評の“song sparrow”!


●song sparrow
県内を中心に活動するジャズポップスバンド。
2006年に入ってからボーカルが変わり、新たに曲作りと精力的なライブ活動に取り組んでいる。最近はライブハウスだけでなく、バーやカフェなどでも活動している。雑誌で「カフェミュージック」というジャンルに例えて取り上げられたこともあり、ポップスだけでなくジャズやボサノヴァなど様々な要素を含んでいる。
http://www.songsparrow.jp/



●華麗なる週末
これまでに須永辰緒、小西康晴、クボタタケシ、田中知之(Fantastic Plastic Machine)、akikoなど世界で活躍するアーティストを迎えてきた高知の老舗イベント「華麗なる週末」。
ジャズ、ブラジル、ラテンなどを中心にプレイし、今や高知のクラブシーンには欠かせないDJユニットの彼らは、クラブにおける「壁」をなくし、あらゆる層のオーディエンスを持ち上げていく。常に新しい世界を開拓していこうとする彼らから目が離せない。
ーーーーー
FM高知「華麗なる週末」
毎週日曜日・18:00〜18:55 ON AIR
http://www.fmkochi.com/

2008年03月24日

hygge:華麗なる週末レビユ

無事に楽しく終わっちゃいました。

いつも通り前日にセッティングをすまし

いつも通り当日会場に行くと・・・

いつもと違う光景。レイディーがリハ中。

akikoさんっす。

そーいや、僕らがブイで関わらせてもらうイベントで
女性ゲストって珍しい。


そんな女性ゲスト、akikoさん効果もあってかオープン前から長蛇の列。

これも珍しい・・・・。


華麗なるのメンバーによる華麗なるオープニングDjにつづいては

レコード番長須永さん。

んでコロナがよく似合うakikoさん。

意外にパフォーマーな小西サンタさん。

んで再び須永さん・・・・ って感じで楽しいループ。


なんか、レコード使ってライブをしてるって感じの楽しいハッチャケな時間でした。


ただ・・・。今回はVjブースがDjブースのお隣さんだったんすけど

ホールが盛り上がり照明ガーン!あたって 僕らも眩しくてウォー!

akikoさんのライブでサイドからもスポットがピカーン。

僕らの顔までピカーンで、恥ずかしくてキャーですよ。


そんな感じでなんかやりにくかった。。。


ただ、2回目の使用となったiPodタッチが使いこなせるようになって
その辺は収穫。


反省は、akikoさんのライブを聴きにきてくれた方たちへの配慮がたりなかった。。

あとは、いつも言ってるけどブイのクォリティをあげなくては・・・。  ヤバイです。


なにはともあれ、さすがは華麗なる週末。

今回も大盛況でした。

スタッフのみなさんお疲れ様でした!

そして、華麗なる週末の御三方ありがとうございました!

2008年02月23日

hygge:華麗なるチケットあります。

華麗なる週末Vol.22のチケットを取り扱うことになりました。
ノルマです!・・・というのは冗談ですが、
興味のある方・来てくれる方(買ってくれる方)、
info@hygge.in
にご連絡くださーい。
あんまり遠いと無理ですけど、手渡しに行きます。
なかなかいないとは思いますが、
お時間ある方は事務所に来てもらってもかまいませんよー。

イベント詳細は前回(この下)のエントリーを見てください。

よろしくお願いしマース。

2008年02月10日

hygge:華麗なる週末はゲストスゴスギだ!

今年もやってまいりましたこのイベント。
去年に引き続きすばらしいゲストを迎えます。

以下詳細です。


poster.jpg

いまや高知のクラブではちょっとした老舗イベントになってきた『華麗なる週末』が、この春、すごいゲストとともに、華麗なる夜を呼ぶ!

華麗なる週末vol.22『ゲストスゴスギ2』
in 土佐のおきゃく

2008年3月8日
土曜日21:00START」
@ B.B.CAFE&HALL
Information 088・823・2277

前売り/3,500円
当日/4,000円

●Guest
akiko 小西康陽 須永辰緒 

●Worm up DJ's
Sagosoul Seigo Yoshiichi

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゲスト紹介(五十音順)

■akiko [Live]
16歳より、ロンドンナイトに通い始める。パンクから、時代を遡るように音楽を聴き始め、18歳の時、ジャズに出会う。2001年、ユニバーサルジャズと契約。名門レーベル"ヴァーヴ"初の日本人女性シンガーとして、ライブ盤、ベスト盤含め、10枚のアルバムをリリース。過去作品ではDJ須永辰緒氏をプロデューサーに迎え、ジャズ・ボーカルの新機軸を確立。その後、2005年にはプロデューサーに小西康陽氏を迎え、akikoのルーツでもあり、小西氏とakikoの接点ともなる「JIVE」をキーワードに新たなる一面を披露している。2006年に初のベスト盤「コラージュ」を、2007年には全行程ブラジルレコーディングで注目のアルバム「ヴィーダ」をリリース。2007年初冬、再び小西氏をプロデューサーに迎え、念願だったクリスマスアルバム「a white album」を11枚目のアルバムとしてリリース。
http://www.nwp.co.jp/akiko/index.html
(視聴:http://www.universal-music.co.jp/jazz/j_jazz/akiko/

■小西康陽 KONISHI yasuharu [Dj]
作曲家。DJ。1985年、ピチカート・ファイヴのメンバーとしてデビュー。国内外で活動するも2001年解散。作編曲家、DJ、アート・ディレクションなど多くの作品を手がける。2006年より新レーベル「columbia*readymade」のプロデューサーとして活動する。3月に朝日新聞社より10年ぶりの単行本「ぼくは散歩と雑学が好きだった」を出版する予定。
http://www.columbia-readymade.com
http://www.readymade.co.jp/journal


■須永辰緒 Tatsuo Sunaga [Sunaga t experience]
DJとして東京、大阪でレギュラー・パーティーを主宰し、また日本全国から海外まで飛び回る超多忙な日々を送る。MIX CDシリーズ「World Standard」は6作を数え、ライフ・ワークとも言うべきジャズ・コンピレーションアルバム「須永辰緒の夜ジャズ」は、レコード会社8社から計16作のリリースを予定。国内はもちろん“SCHEMA”や“IRMA”などの海外レーベルのコンパイルCDも多数監修する。 自身のソロ・ユニット“Sunaga t experience”として、アルバム3作を発表。 最新作は「A letter from allnighters」(2006年 flower records)。多種コンピレーションの監修やアルバム・プロデュース、リミックス作品は延べ60作以上。 “レコード番長”の冠を頂くシーン最重要人物。
http://sunaga-t.com

2007年06月25日

tent

ロゴと、ショップカード、名刺を
デザインさせてもらった美容室「tent」に遊びに行ってきました、

先日オープンしたばっかりで、
忙しそうだったけど、楽しそうに仕事してるのをみて、
自分もはやく独り立ちせねばなーと、しみじみ思いました。

そのうち、ホームページにも、
hyggeの仕事や店舗の様子などアップしたいと思います。

●店舗情報
---------------------------------------------------------------------------------
〒780-0046 高知県高知市伊勢崎町14-20
営業時間/10:00am - 8:00pm
定 休 日/毎週月曜・第3火曜日
駐 車 場/店鋪前にあります

電話088・824・3090

tent_map.gif

---------------------------------------------------------------------------------


要予約なので、気になる方はお電話よろしく!

DSCF4678.jpg

ちなみに、「tent」って名前は誰がつけたかというと・・・
レコード番長、須永辰緒さんなのでした。

2007年03月12日

全てがスゴスギタ

濃くて長いようであっという間の夜でした

クボタさん 
二日に一回はどこかのクラブでまわしているといわれている
日本で最もDJとして忙しいプロDJ
さすがの一言でした!
どんな状況になってもフロアにドンピシャの音を提供
ほとんどを7インチでこなす方
映像的には 展開が早くて 違う意味で踊らされました♪

須永さん
この日はマスクマン ポップなものから夜ジャズまで
小西さんもそうですけど オリジナルが多いんで
須永さんだけにしか出せない音になっちゃってます♪
生で体感すべし!

小西さん
パフォ−マンス(笑) 初めて生小西さんのプレイをみたんですけど
圧倒されちゃいました(笑)
ブースにあがるまでは どちらかというと 口数が少なく
落ち着いてて紳士な方
んで ブースにあがると・・・ 小西康陽その人になっちゃいます!
3人のなかで唯一マイクをもった方
3人のなかで唯一プレイ中にフロアーにおりた方
こんな感じで 見て聞いて五感の全てでルンルン♪にさせてくれる
まさにアーティスト!

声をかけてくれた華麗なる週末の皆さん
当日スタッフの皆さん
BBcafeのみなさん
リンクを貼ってくれたchari326
from山口をはじめ県外から来てくれた皆さん
ホントにお疲れさまでした
そしてありがとうございました
素敵な音とおいしいお酒
そこに沢山の人が集まってくれて
いい空間いい夜を体感しちゃいました♪

Jikei [hygge]
56 [hygge]

須永さん:マスクマンでもあり酒豪
食事の時は須永さんを中心に扇形で日本酒の返杯(笑)
すごい人は何をやってもすごい!
小西さんは写真NG(ホントは多分皆さんも・・・)なので
奥にチラッと写ってるボーダーにカラフルスカーフの方が小西さんらしい.......
%E8%8F%AF%E9%BA%97%E3%81%AA%E3%82%8B%E9%80%B1%E6%9C%AB_1.jpg


11:30から5:30まで30分交代で3人がまわしてくれるという
豪華なスケジュール テンポもよくコラボ的にその場で
作り出される音の展開がアドレナリンをガンガン刺激♪
%E8%8F%AF%E9%BA%97%E3%81%AA%E3%82%8B%E9%80%B1%E6%9C%AB_2.jpg


今回あたらしくFUSEを導入したんですけど
しっくりこず 結局ほとんどの時間を
使い慣れたTokyoで
%E8%8F%AF%E9%BA%97%E3%81%AA%E3%82%8B%E9%80%B1%E6%9C%AB_3.jpg


2007年03月10日

ゲストスゴスギ

56のエントリーにもあるようにいよいよです

hyggeとしても今回はスゴスギをめざして

新ネタに新ソフト、2台のPCに、2台のDVカメラでブースとフロアーのライブ映像

すっかりハードに頼りまくり

こんな感じで気合い入れていきます!!!!

音と映像を楽しみに 是非ピチカートルックで来て下さいな♪

ちなみにリストバンドもフライヤーのデザインの流れで

オリジナルを作成しました♪

・・・・56が・・

もりたけくんごめんちょ(笑)

Jikei [hygge]

いよいよ今日です。

華麗なる週末ですねー。

http://hygge.in/news.html

夕べは搬入やら打ち合わせやらで、

夜中までMOSってました。

来てくれる皆さん、

今晩あいましょー!

2007年01月15日

華麗なる ゲストスゴスギ。

まえまえからひっぱっていたイベントの告知です。
タイトル通り、ゲストスゴイですねー。
レコード番長こと須永さんでしょ、元ピチカートファイブの小西さんでしょ、そしてクボタタケシさん。
華麗なる20回の節目に相応しい顔ぶれです。

今回は、去年につづき開催される「土佐のおきゃく」というイベントの枠の一つとしてプレイします。(食と音楽のコラボ・ライブの枠だそうです)

Vがんばらねばー。

kareinaru20_f1.jpg
2007年3月10日[土]
@B.B.CAFE & HALL
Ticket 3.500円 door 4,000円
Specilal Guest DJ = 須永辰緒・小西康陽・クボタタケシ
Warm Up DJ = 華麗なる週末
VJ = hygge

Ticket Shop = DUKE, B.B.CAFE & HALLほか